MR経験者の薬剤師転職をサポートして業界の発展に貢献します

MR経験者の薬剤師転職をサポートして業界の発展に貢献します

私たちが目指す「三方よし」の世界

このページでは
私たちがなぜ【MR専門薬剤師転職サイト】を立ち上げたのか?

その想いのすべてをお伝えします。
少し長くなりますが業界の闇の部分も包み隠さずに書きました!!
ぜひ最後までお付き合いください。

運営者情報についてはこちら

早速ですが

近江商人の言葉に三方よしという行動哲学をご存知でしょうか?

三方よし

「売り手よし、買い手よし、世間よし」
売り手の都合だけで商いをするのではなく、買い手が心の底から満足し、さらに商いを通じて地域社会の発展や福利の増進に貢献しなければならない。

私たちが目指すものがこの三方よしという考え方に基づいています。

すなわち

・転職希望者(MRファーマシスト)
・求人薬局側(薬局業界)
・製薬業界(現役MR)

この三者が『よし』となる世界です。

真の1次情報の提供を目指しています

google検索で薬剤師求人を探すとほとんど同じような内容ばかりと思いませんか?
その記事の多くが誰かわからない匿名者の書く一般的な2次的な情報です。

もうありふれた情報は要らないあなたへ
私たちはオリジナルの実体験から考える真の記事を届けます。

自らが体験した1次情報を中心に記事を作成しています!!

少しでも信頼いただくために、ライターは名前・顔出しです。
長い目でオンリー1の信用を培っていきます。

それではこれから
私たちが目指す三方よしを紹介します。

転職希望者のメリット

MR経験を活かして出来る限り生活水準を落とさずに薬剤師として活躍してほしい

MR経験のある薬剤師の価値を最大化し新しいキャリアを創造します。
MR経験を評価する薬局を紹介していきます。

私たちが求人企業への紹介料を最大限下げることにより
MR時代の年収を出来る限り落とさないような
転職支援につなげていきます。

MR専門の薬剤師転職支援は私たちだけなので
どこにもない
オンリー1なサポートができるのが特徴です。

その理由はコチラ

MRファーマシストキャリア運営メンバーの真実

求人薬局側のメリット

採用手数料が年収の30~50%と高すぎる。
これだけ苦労したのだから即戦力でしっかり働いてほしい。

でも・・・

半年や1年で退職されたり、人格的に難ありな薬剤師もいる。
できれば自前の求人で募集したいが集まらないので仕方なく使うしかない。

こんな薬局経営者の声をよく耳にします。

私たちの紹介料も通常価格は
30%にさせていただいています。

これはクライアントとの面談や実際の成約率を鑑みると業界として正当な価格かと思います。

 

しかし!!

 

私たちが本当に目指すビジョンは三方よし
既存の紹介会社と同じことではありません!!

私たちの活動に賛同していただき薬局様が
MR転職応援スポンサーになっていただくと

限定100社
キャンペーン特価として半額の

紹介料 15%

とさせていただきます。

登録には1円もかかりません。
私たちの想いに賛同いただくだけで大丈夫です。

簡単登録ですので
今すぐご登録ください!!

なぜこんなに紹介料を抑えることができるのか?
それは運営メンバーが現役薬剤師かつ
薬剤師としての収入を持つパラレルキャリア集団だからです。

薬剤師業界に自分たちのやれることで
貢献したいというメンバーです。

最大限、収益をクライアント様に還元するビジネスモデルを作っています。

現役MRのメリット

私たちは無理に薬剤師への転職を後押ししているわけではありません。

MRという職業は素晴らしいものですし
医療者にとっても必要な存在です。

しかし
医療財政が厳しい昨今
MRという職種は国からの風当たりが厳しいのも事実です。

万が一の時のために
薬剤師業界のことも知っておいてほしいのです。

私たちは
現役MRでも薬剤師の世界を知ることができる
MR限定のレポートをまとめました。

無料レポートを読んでみる

100人以上の薬剤師に監修いただき作成しました。
実体験から考えた完全オリジナルのレポートです。

更に
完全限定性の
秘密のオンラインサロンも運営しています。

MRをしながら誰にもバレずに
SNS上のみで薬剤師体験ができる情報を準備しています。

今なら無料で参加できますので
あなたにとって1つも損はないはずです。

流れとしては
先ずはレポートを読みもっと知りたくなったら
サロンに入ってください。

秘密のオンラインサロン紹介はこちら

どのようなサロンか覗いてみる

私たちは既存の転職支援会社にはなかったものを
提供していきます。

なぜ

既存の転職支援会社では出来ないのか??

それは昨今の
ビジネスモデルに問題があるのです。

ここからは本当に興味がある方のみお読みください。その理由をこれからお伝えします。

薬剤師転職市場の真実をご存知ですか?

MR専門薬剤師転職ラボの運営者には
多くの現役薬局経営者がいます。

そしてメンバー全員が口をそろえて言います。
薬剤師紹介会社の

紹介料が高すぎる・・・

それではなぜこれだけ紹介料が高いのでしょうか?
そこに業界の闇や矛盾が見えてきました・・・

薬剤師転職市場の現状

『どこかにいい薬剤師さんいませんか?』
『求人募集をしても広告費の無駄だった・・』
『まともにコミュニケーションとれない薬剤師だった』

薬局経営者からよく聞く言葉です。
特に中小規模の薬局では慢性な薬剤師不足で社長は悩んでいます。

そう
直接の求人で人材を集めれないのです。
それは薬局ブランディングが出来ていないという
努力不足もあるのは事実です。

その一方で

ドラッグストアや大手チェーンは
新卒の6年生薬剤師を青田買いしていきます。
なかなか中小規模の薬局では
学生人気も離散して採用は難しいことが多いでしょう。

そのような流れで即戦力として
紹介会社を利用するケースが増えていきます。

それでは
一度、代表的な検索ワード
『薬剤師 転職』で検索してみましょう!!
「薬剤師 転職」ググってみる(クリック)

見てみましたか?
実際に『薬剤師 転職』で検索すると山の数ほどの転職支援会社のサイトが現れます。

そして最近は転職支援会社の支援?ということで
紹介会社のランキングサイトも乱立しています。

よく検索画面を見ていると
至るところに広告があることに気づきますよね。

正直、実際に薬剤師として転職先を探そうとした場合
山ほどある薬局の中からよっぽど気になる転職先がなければ
ほとんどの人が求人会社へ登録してしまうのではないでしょうか。

求職者にとってはこんなありがたいサービスはありません。

そして薬局側は
ダイレクトな面接ではなく紹介会社を通じて面接する。

これが薬剤師転職市場の現状です。

少しずつ薬剤師転職市場のビジネスモデルに
疑問を持つ人は増えている

薬剤師転職市場の
現状について知っていただけましたか?

『実は、、、知らなかった・・・』

『気軽に転職登録していた・・・』

という薬剤師の方も多いと思います。

しかしSNSを見ていると最近は転職支援に疑問を呈する声も増えてきています。


SNS上の一部の声ですが
少しずつ業界の矛盾を指摘する声もでているのは事実なのです。

ここに薬局業界の問題点があると思いませんか?

薬剤師の給料を上げたいのにお金が
『転職支援会社』へ流れているという矛盾

ここまで読んでくれているあなたは
MRや勤務薬剤師であれば

『そうは言われても薬局を選ぶのは難しい』
『条件だけで探してくれるから楽だし』
『紹介料を払うのは企業努力でしょ』

こんな感想をお持ちではないですか?
求職者にとっては今の転職支援会社のサービスは
競争原理も働いて最大級だと思います。

一方
薬局経営者の方であれば
『そう!!その通り!!でもどうしようにもできない。』

と共感いただいてるのではないでしょうか?

ここで重要なのが
いつまでもこの需給関係が通用するのか?
という疑問です。

少しずついわゆる中抜きのビジネスモデルが
変化してきています。
ITの力でメルカリのように
ダイレクトに繋がるビジネスモデルが浸透し始めているのです。

そこで
一度、薬剤師業界全体について考えてみましょう。

利益である調剤報酬から企業の人材採用費用が払われます。
これは人件費に含まれるわけですね。

つまり
経営者にとっては薬剤師の給料を上げたいと思っても急なリスクに備えて内部留保も必要なのです。

転職者にとっては給料を上げる交渉もしてくれるから転職支援会社を使うのに
企業はその原資の利益を経費として大きく使うことになってしまう。

結果、薬剤師への給料に反映しにくくなる・・・

実は転職支援会社を使えば使うほど
薬剤師の給料は上がりにくくなっていく・・・

その調剤報酬の原資の一部は
紹介会社の膨大な広告費や人件費と
変わっていくのです。

さらに
調剤報酬改定により
薬局収益はもっと悪化していき
薬剤師への給料へ反映されるのはもっと
厳しくなっていきます。

なんという矛盾・・・

だと思いませんか?

紹介料を低くするための
2つの課題

今後の薬局業界を考えたとき
明らかに調剤報酬は減っていくと思います。

利益が少なくなる将来
今のビジネスモデルが
成り立つとは考えにくいと思いませんか?

そうならないためにも
今からでもやれることがあります。

それは
大きく分けて2点。

1.転職者が直接の転職活動を心掛ける

2.薬局経営者のマーケティング力を向上させる

お互いのWINWINを考えたら一番良いと思います。
最近、CMでもよく見る
Indeedはこの広告掲載モデルです。

とはいいながらも

どちらもいきなりは変われませんよね。
もう出来上がってしまった時代の流れを変えることはできないのでしょうか?

だからこそ!!

既存の転職支援会社では出来ないことを
現役薬局経営者や元MRの薬剤師である
私たちがチャレンジしようと思います。

私たちが既存の転職支援の
ビジネスモデルを変えていきます

私たちはすべての転職支援事業を否定しているわけではありません。

ただ、右から左へ紹介するだけ
のビジネスモデルを否定しているのです。

これからの
転職支援会社は『教育』が重要だと考えています。

それが業界の在り方です。

・企業が求める水準の人材を目指して教育する
・就職した企業で成長できるようフォローをする

私たちは
・現役MRでも薬剤師業界のことを知ってもらえるように情報提供していきます。
・転職した会社で活躍できるように転職支援後もフォローしていきます。

結果

薬剤師業界の発展に貢献していきます。

私たちが具体的に目指す転職支援モデル

『MR経験×薬剤師』というキャリア価値を最大化し業界最低水準の紹介料で薬局経営者の負担を軽減しその分を求職者へ還元させます

私たちに必要なのは実績です。

業界の中では認知含めまだまだひよっこな存在なのは承知しています。

イノベーションの
『イ』もこのままでは起こせません・・・

だからこそ
ここまで読んでくれているあなたの力を貸してくれませんか?

この薬剤師転職市場の現実を多くの人へ伝えてください。
そして
応援者(サポーター)になってくれませんか?

フェイスブックページにいいね

ツイッターフォローする

もし薬局経営にも関わっている方なら
ぜひ、スポンサー登録をしてください。

経営者にとって何も損はないオファーです。
想いに賛同いただき簡単な登録だけで
紹介料15%の権利を得ることができます。

私たちが業界により良いイノベーションを起こすには
共感いただく仲間を増やすところからです。

MRファーマシストキャリアが目指す未来

私たちは自分達が掲げた理念のもと活動します。

私たちの強みを活かして
特に薬剤師資格を持つMRの方の転職支援をしていきます。

そして
多くの薬局ゲンバで活躍するMRファーマシストを誕生させます。

最終的に目指すゴールとしては
薬剤師と薬局経営者が直接つながる
ダイレクトリクルーティングができること。

これが
私たちが目指す最終的な姿です。

この事業の究極なゴールは
私たちの事業が必要なくなること
です。

それまで
心と心をつなぐ支援サービスを心掛けていきます。

これがMRファーマシストキャリアが目指す未来です。

私たちの想いを
最後までお読みいただきありがとうございました。

一緒に未来を作っていく仲間を私たちはいつでもお待ちしています。

【完全無料】
一度、薬剤師転職について相談してみる

理念に賛同して
ライター参加したい方はこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう