100ページを超える【E-BOOK】
調剤経験0MRの
「弱み」を「強み」に変えて

薬剤師転職を有利にするための
唯一の方法を大公開

現役MRのあなたは薬剤師転職市場において
調剤経験0ということが
新卒と同じレベルのマイナス評価になるのを
ご存知ですか?

あなたがMRとしてどんな実績があっても
調剤経験0という事実は変わらないのです。

薬剤師転職の唯一の弱点を克服するべく
100人を超える薬剤師に監修いただき
解決策を作りました。

  • 調剤経験0という「弱み」をカバーする唯一の方法
  • 実体験としてどのように調剤経験0克服したのか?
  • MRの「強み」を薬剤師転職に活かす方法
  • MRを評価してくれる薬局を見つける方法

などについて、総ページ100ページ以上に渡り
解説しています。
現役MRでも実践できる
超具体的な内容です。

さらにこのE-BOOKの最後には
ここでは絶対に言えない
レポート取得者のみの豪華特典をつけています。

是非、現役MRのあなたが活用してください。

実際にレポートを読んだ感想

現役のMR、現役の薬剤師そして、すでにMRから薬剤師へ転職された方と幅広い方々に事前にレポートの感想をいただきました。
一部、抜粋して紹介いたします。


『ブラックボックスである内情を垣間見れるレポートだ』
シンワコンサルティング代表 神林俊博
元MRの中小企業診断士と薬剤師資格(実務経験有)をもつ医療経営コンサルタント

感想全文はこちらをクリック

私は現在、医療経営コンサルをしており、数多くの調剤薬局店舗の状況を把握しています。
私は過去にMR、薬剤師と経験していますので、私もMRファーマシストです。
ご存知の様に現在、調剤薬局は明らかに状況変化が起きています。
そんな中、現在MRの人で薬剤師への転職を少しでも意識している人にとっては、その内情がブラックボックスであると推測しています。
無理のない話です。そういった話を聞く機会はほとんどないのですから。
今回、このレポートを読まさせて頂いた感想は、そんなブラックボックスである内情を垣間見れるレポートだという事です。
著者自身が調剤薬局を複数店舗もつ社長薬剤師であり、MR出身です。
その為、MR目線での内容になっています。生々しい現状も書かれていたりします。
そんな理由により、MRの人が描く薬剤師に対する不明点も解決できる可能性が大きいのでは?と思います。
転職する、しないに関わらず、同じ医療業界の状況を知る事は、メリットはあっても損する事はないです。
そういった理由で、現役MRの方には一度このレポートを読んでみることをお勧めします。
ボリュームが多い割には、読みやすい内容となっています。

『MR出身の方が転職時に適正な評価を受けれるよう、加納さん頑張ってください!』

元MRの現役薬剤師 Tさん

感想全文はこちらをクリック

アンケート、体験談など非常に共感しました。
実際MR時代の女性の友人で、結婚する前に薬剤師経験したいという方が多数いたので。 そういった意味で、新しい情報というよりは再確認をできた感覚でした。
私は昨年MRから薬剤師に転職しました。実際に薬局で働いていると、投薬をしていて患者さんを怒らせてしまう方や、自信なさげで手や声が震えてしまう方をよく拝見します。その方が話してみると博識で非常に優秀な方だったりするので、コミュニケーション能力の大切さを実感します。 MR出身の方はコミュニケーション能力の高い方が多いですし、薬局経営者も欲しがっていると思います! 今の時代、レセコンが優秀なんである程度の知識不足はカバーされますし。 MR出身の方が転職時に適正な評価を受けれるよう、加納さん頑張ってください!

『もっと早くに出会いたかった、というのが率直な感想です。』

元MRの現役薬剤師 三井敦

感想全文はこちらをクリック

もっと早くに出会いたかった、というのが率直な感想です。 私自身MRから未経験で薬剤師へ転職して、一番最初に不安だったのは経験の無さからくる知識不足でした。 このレポートではそう言った不安を受け止めてくれ、どうしていくべきかを明示してくれるものです。 また、MRや薬局薬剤師の現状や不安のありかをわかりやすく言語化していくれているとも感じました。 MR不要論も今の薬剤師不要論も「変化しようとしないものが不要」なだけであって、無くなりはしないしむしろより濃く顧客と向き合えるチャンスだと私も感じています。 このレポートでは、検索したらよく出てくるようなただの転職支援のアフィリエイト記事ではなく、自分自身の価値観や強みを見つけるワークなどを通して「自分のあり方」も一緒に見つけられる指針書になるのではないでしょうか。 MRでも薬剤師でもこれからは「個」の魅力をどうやって顧客に伝えていくか、が課題になってくると思います。 業界が不安だから行動しない、のではなく、それでも必要とされる個として生き残っていく!とマインドセットするきっかけになるといいな、と感じます。

『MRファーマシストの未来は明るいです。希望を持っていきましょう。そして、楽しみましょう!』

ファルクス(株)代表取締役
いこいの薬局旗の台店 鈴木 佑
薬剤師 薬局経営者

感想全文はこちらをクリック

レポートを読んで、改めてMRファーマシストの現状を悟った次第です。私はMR経験なく薬局薬剤師経験のみで、独立開局致しました。そのため、MRの大変さや苦労はわかり兼ねるところもありました。私の薬局では、時々訪問されるMRの方からも、今後についての不安や悩みを相談されることもあります。私自身、経営者として、薬局業界をより良いものにしたいと考え、そのためにはMR経験がある薬剤師の力が必要となると考えております。また、調剤経験はもとより、それ以上にコミュニケーション能力とその人のアイデンティティ(価値観)がより求められるのではないでしょうか。レポートを読んで、私も改めて自分を見つめ直した次第ですが、「10年後、あなたはどんな薬剤師になりたいですか?」という命題を問いかけて、今からでも良い(今からでも遅くない)から、できることは‘すぐ’行動して、未来につなげていけたらと思います。MRファーマシストの未来は明るいです。希望を持っていきましょう。そして、楽しみましょう!

『セミナーに参加しないとできない気付きを、たった1時間足らずで実現出来てしまう。』
元MR 薬剤師 葛本 篤俊

感想全文はこちらをクリック

自分がMRから薬剤師へ転職するときにこのレポートを読んでたら、もっと早く自分の価値観や理想の薬剤師像が発見できたなと思いました。 本来なら多く時間を費やして得る情報やセミナーに参加しないとできない気付きを、たった1時間足らずで実現出来てしまう。しかもワークについては繰り返し使え、自分の見直しをできる非常に価値のあるレポートだと思います。

『元MRの方の転職先は中小薬局(5〜10店舗くらい)がベストだと思います。』

現役薬剤師 山口 駿

感想全文はこちらをクリック

とても読みやすくて一気読みしました。
私はMR経験はありませんが、薬剤師経験のみの30歳男です。

薬剤師の中にもただ目の前のを業務をこなしてるだけの人と、経営者目線で数字を意識してやっている人の2パターンあると思っています。特に、前者の方が圧倒的に多い印象です。 しかし、これからの時代は数字を意識しないと絶対にダメになります。 その点では圧倒的にMRのスキルを持っている人の方が数字を意識して更にはドクターとの交渉も上手いので、薬局の売上を伸ばす力を持っていると思います。(何故か薬剤師はドクターを苦手意識しているので…) 私は、大手、個人で在宅、中小、単発派遣を経験し、それなりに多くの薬局を見てきましたが、元MRの方の転職先は中小薬局(5〜10店舗くらい)がベストだと思います。

大手だと内状をすぐには変えることは難しいですが、中小なら比較的自由に出来ます。MRのスキルを使って、施設在宅などの営業もできれば年収の相談もしやすいかと思います。なにより、中小の社長は元MRが多い気がします。 ただ、一点だけこれからの転職者にとってリミットがあると感じています。 それは、年齢です。 会社も投資をして、その人を雇うので、だいたい35歳前後で区切りをつけているところが多い印象です。 薬局はいかに動けてナンボみたいなところもあるし、閉じられた空間である以上、残念ながら年配の方は雇いづらいのが現状です。 なので、迷っている方は出来るだけ早く薬剤師転職をするよう勧めていただけると、薬局の選択肢がより多くなると思います。

『自分がMRで転職を考えていたら間違いなくほしい情報ですね。』

薬局勤務経験あり、現役病院薬剤師
安藤広輝

感想全文はこちらをクリック

自分がMRで転職を考えていたら間違いなくほしい情報ですね。 もし初見だったらボリューム感が半端ない印象だったのですが、いろいろ考えている人なら重荷にはならないかと思いました。 MRがコミュニケーションの印象がよくないとする意見があるのは意外でした。 薬剤師の方が対人、特に調剤薬局は医師と話すのが苦手な人が多い印象だったので。あとは物腰低すぎるとか。。電話越しだと難しいですが、ある程度医師と対等にコミュニケーションとるには、丁重に「意見を言える」かですかね。会って話せればいいのですが、そこが難しいところですね。 個人的な意見では、以前働いていた病院で製薬メーカ出の人たち(MRではなく研究職)と一緒に勤務することがあり、そこでの印象がありましのでお話します。 2人と関わったのですが、どちらとも「個人の目標」に対して熱意がすごかったです。実際に行動にも映し、他職種も巻き込むくらいの業務内容や、発言があり感心していました。 自分もそうですが、現場薬剤師出身の人間たちは「作業が得意」な人が多く、考えて発信するのが苦手な意識があり、彼女たちは目立っていました。 ただ、これが薬局業務になるといろいろ複雑で、誰かかが他の作業をしているとその人の分をフォローしていることにあまり気が付いていない感じがしました。 薬局では通常、調剤、監査、投薬と工程を踏んでいきますが、これに複数の人間が関わります。一人薬剤師もありますが、通常2~3人関わることもあるでしょう。そうすると1人が別なことに興味を持ち、それに時間を費やしているとうまくそのローテーションが機能せず、結果、誰かがそれを補っていることが多々ありました。 ただ、これに関してはチームワークはよくはないのですが、お互いを認めていたこともあるかもしれません。 つまり、自発的に行動できる人はそれに時間を割いて、結果「薬剤部」としての功績を出す。作業が得意な人は、その人のできていないところを支えてサポートする。でも実際はそんな綺麗ごとではなく、お互い不満言っていたかなと。一方では「何にも考えない」で、一方では「面倒な作業はやらない」とか。 なんかそんな感じで業務していたのを思い出しました。自分は割と皆でまとまった感をもちたいのですが、企業は「個」を重んじるんだろうかなんて思ってました。 長くなりましたが、私としては企業出身の方と一緒に仕事をする場合、薬局での業務は往々にして「複数人での作業」なので、その理解があるかを問います。ただ、現場出の人は個人の目標や信念を貫くのは苦手な人も多い(自分も)ので一緒に働くと刺激になると思います。私もなんだか言いつつ、その人たちには自分にはないものだと思っていました。 でも今回のレポートは本当にすばらしいコンセプトだと思いました。 大したお役に立てることはありませんが、もし何か自分にできることがあればと思っておりますので、どうかよろしくお願い致します。

『レポートを三回読むのに少し時間がかかってしまいました。』

元MR 薬剤師転職1年目

感想全文はこちらをクリック

レポートを三回読むのに少し時間がかかってしまいました。 長文になりますので、お手すきの時に確認頂ければと思います。 一度目にレポートを拝見した際には、MRから薬剤師に転職する過程で味わった悔しさや現在、薬局薬剤師として勤務する中で様々な疑問(もっと患者さんにとってより良い医療を提供できるのではないかなど)を感じている自分の思い、考えを代弁して頂いている気持ちになりました。 というのは、加納社長が仰っていることは紛れもない現在の現場での課題と改善点であると思います。 そこにMR経験のある薬剤師が活躍できるフィールドが無限にあると思います。 二度目にレポートを読み返した際には、MRから薬剤師、ゆくゆくは経営者を目指そうと決断した自らの情熱を思い返すことができました。 具体的には、自らの何が強みであるのか、弱い部分、足りない部分は何なのか、改めて自己分析することができました。 すべての答えをレポートだけで見つけることは出来ませんが(一生かけて見つけ出すことが必要なものもあるという意味です)、きっかけとなる方程式、情報はたくさん散りばめられていると思います。 三度目にこれでもかと読み返しているうちに、このレポートを読んで自分の独立に役立てよう!という気持ちから、加納社長はここまでの情報を本音ベースでなぜ発信しようとしているのかという気持ちになりました。 このレポートを通して、共感する部分や自分を奮い起たせる気持ち、より良い環境や経営をしていきたいという部分を学ばさせて頂きました。 しかし、それ以上に、現在の薬局業界を変える必要があること、MR経験のある薬剤師のボジショニングの向上が必要なこと、なによりも質の高い医療を患者さんに提供するために必要な存在になれるということを学ばさせて頂きました。 ただ、そのためには加納社長をはじめ、同じ志を持った仲間が1人でも多くなることが重要なのだと感じました。 これから先、目の前のことや数年先、数十年先のビジョンに向け、もっとたくさんの方々と触れ合い、多くの経験を積まなければいけないと痛感することができました。

『調剤経験がないと新卒と同じ年収と言われてショックを受けていました。』

現役MR(内資系製薬会社勤務)

感想全文はこちらをクリック

素晴らしいレポートありがとうございます。無料で頂けることが本当に驚愕の内容の濃さでした。実は昨年、私も薬剤師転職について調べて実際に転職サイトの人と電話しましたがやはり調剤経験がないと新卒と同じ年収と言われてショックを受けていました。(免許がないので文句は何も言えませんが。) このレポートを読み、調剤経験がなくても挑戦できることに気付きましたし、何より数々のヒントを頂けたので高いモチベーションを持って試験勉強に臨めます! MRも生き残りの厳しい時代に差し掛かっているのでMRとしても変化に対応する力は必要だと感じています。またその力は薬局経営という目標に対しても通じると思いますので日々の仕事、勉強を頑張りながらも時代の流れを読む、対応することを特に意識して活動していきたいです。 まだまだ未熟ですのでこれからも色々な情報頂けると幸いです。 今後とも何卒宜しくお願いします。

  • 調剤経験0という「弱み」をカバーする唯一の方法
  • 実体験としてどのように調剤経験0克服したのか?
  • MRの「強み」を薬剤師転職に活かす方法
  • MRを評価してくれる薬局を見つける方法

多くの感想の声から一緒に作り上げたレポートです。
是非一度、読んでみてください。

無料レポートをダウンロードする

注:薬剤師資格のある現役MRの方限定です。
同業者等なりすましが発覚した場合は厳正なる対応をさせていただきます。



*お名前(姓・名)
*メールアドレス
*生年月日
*製薬会社名
*出身大学

運営者情報はこちら

更新情報をお届けします
いいね ! しよう